fc2ブログ

姫路 和食 天満屋さん

こんにちは。なんかお店探訪になってきていますが、気にせず参りたいと思います。
おいしいご飯にはなかなか巡り合えなかったのですが、ここ姫路の天満屋さんは◎です。
お世話になっている姫路М社長ご兄弟にごちそうになりました。

話好きな弟さんに冷静なお兄さんのユニークなコンビでいらっしゃいます。突然訪問させていただいたにも関わらず、夕食までお誘いいただきました。

Image260.jpg天満屋御膳といいます。和膳のあるべき姿のような内容です。
Image261.jpgご飯の上に黒ゴマをのせていました。ありそうでない出し方です。今までにはなかったです。

で、ご飯のお味はというとかなり◎です。色つやとも申し分なしです。また、お膳というとプラスチックの円柱状の底が平べったい入れ物に入れてくることが多いですが、こちらは一般的なお茶碗です。

これが意外と日常的ではありますが食べやすい。まず、持ちやすい。底に行くほど狭くなっているので、箸ですくいやすい。いつも食べている量の感覚が取りやすい…。といメリットがあります。

デメリットはお茶碗の内側は「白」なので、ごはんとのコントラストで、ごはんの色が悪く見えやすいという点があります。
言わば、ご飯茶わんでご飯を出すというお店はご飯に自信がないと出来ないという風に思います。

もちろん、お膳の内容すべておいしかったです。特に弟社長が気に入っておられた煮物の中のコンニャクが意外に好評でした。煮物の味付けとは別に炊いてあり、盛り合わせたものです。しっかりと味付けされていて存在感がありました。

言わば脇役にも気を配っていることがよくわかりました。だからこそご飯にも気を配っておいしい「ご飯」を炊くようにされているのだと思います。

白いご飯がおいしいと全部おいしかったという印象が残りますね。


d_01.gif←クリックしてもらえるとうれしいです。

おコメ、ごはんについてご試問ありましたら、どんどんコメントにおよせください。素朴な疑問、ひねた質問などなんでも結構です。ぜひおよせください!
スポンサーサイト



2010.05.18 08:56 | 外食 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |